先輩社員の声

企画営業

Ayumi Abe
Q1. ネット・フレンズならではの仕事のやりがいを教えてください。

飲食店やビューティー関係のお店などの社長様、店長様とお仕事させていただくことで、普段は客として利用するのとは違う視点でお店と関わることができるのは新鮮でした。また、経験が浅くても企画の提案や発言のチャンスが与えられていることがやりがいにつながっています

Q2. 仕事をされる中で、戸惑ったこと、困ったことはありましたか?

営業職ではどの会社でも同じだとは思いますが、いろんなタイプのお客様がいらっしゃるので、同じ提案内容でも反応がそれぞれ違うため、アプローチの仕方を変えなければならないことです。また同じお客様でも、タイミングによって状況は異なるので、予測したり反応によって察しながら接し方を試行錯誤しています。

Q3. 今までで一番うれしかったことは何ですか?

やはり掲載によって反響が出て、お店様から喜びの声をいただいた時です。それまで他の媒体ではあまり反響が良くなかったお店様が、chaooやぶらりんに掲載してから反響が増えたというお話を聞くと、ご提案した内容は間違っていなかったという自信につながりますし、他店への提案にも説得力が出て掲載につながる例もあります。

Q4. 将来の夢や目標がありましたら教えてください。

お客様のニーズを先取りしてより良い提案ができるようになることはもちろんですが、地域の広告担当として、「まずはネット・フレンズさんに相談してみようか」と、お客様から頼られる存在になることが目標です。そのためには他の媒体を研究したり、もっと広い視野をもって知識を広げていきたいと考えています。

Q5. ネット・フレンズの営業に向いているのはどんな人だと思いますか?

明るく誰とでも臆することなく接することができ、前向きな人が向いていると思います。 営業職なので当然訪問先で厳しいご意見を言われたり、話を聞いてもらえないことは多々あります。また、自身の営業成績も波があるので、日々モチベーションを保ち続けるのは難しいことです。そんな時も、自分なりの気分転換方法やメンタル面をコントロールする力が身についていると、落ち込んだりした時も次へのステップを踏み出すことができるのではないかと思います。

Q6.これから就職を考える人に伝えたいことは何ですか?

とにかく、わからないことや困ったことがあった時は、一人で悩まずに周りの先輩方に相談してください。ネット・フレンズは中途採用の方がほとんどなので、「こんなことを聞いたら恥ずかしいかな、怒られるかな…」と、質問や相談することをためらってしまうかもしれません。でも、私は以前先輩から「阿部さんは、すぐに相談してくれるから逆に助かるよ。」と言っていただいたことがあります。上司や先輩方も、新入社員が何に困っているのかすべてわかってあげられるわけではありません。疑問を解決しないまま仕事を進めれば、もっと大きな問題になってしまうこともあります。どんなに基本的なことでも、まずは相談して一つ一つの問題を解決していけば、お客様へ提案する際にも自信がついてスキルアップにつながるはずです。

一日の流れ

8:55
出社
メールチェック、取材シート記入、クライアント訪問準備。
10:30
移動
自分専用の社用車で出発。
10:45
クライアント訪問
和菓子店A訪問。店長さんに次号のchaoo、ぶらりん案内。
11:00
クライアント訪問
担当エリアのお店を回り、各種媒体等の案内や掲載可否の確認。
12:00
お昼休憩
13:15
クライアント訪問
美容室B訪問。次号ぶらりんの掲載内容の打ち合わせ。
14:00
取材シート、メモ記入
先ほどの打ち合わせの内容を整理し、原稿作成の準備。
14:30
営業活動
引き続き担当エリアを回り、営業。
16:00
クライアント訪問
飲食店Cを訪問。次号chaooの掲載内容の打ち合わせ。
17:30
帰社
取材シートを制作スタッフに提出。
17:45
帰社
子どもを迎えに行き、帰宅。