先輩社員の声

企画営業

Akihide Miyata
Q1. ネット・フレンズならではの仕事のやりがいを教えてください。

お店のオーナーや店長さんとお話ができ、一緒に仕事ができることです。
普段の生活で経営に携わる方とお会いできる機会はなかなかありませんが、経営者ならではの視点や考え方に日々学ばせていただいています。
また会社としては、大企業ではないので、新人でも企画を出したり、意見を述べたりしやすいところが特徴だと思います。声を上げればそれを実現するための道を開いてくれる、そんな雰囲気もあります。

Q2. 仕事をされる中で、戸惑ったこと、困ったことはありましたか?

以前も営業の仕事をしていましたが、その時は会社をお客様とする法人営業でした。ネット・フレンズのお客様には個人経営者の方が多いため、対会社員とは勝手が異なります。営業トークに対する反応や対応も違うため、始めは違和感を感じ、広告マンとしての経験不足からくる自信のなさも加わって、なかなか馴染むことができませんでした。
しかし、とにかく挫けずに場数を踏み続けました。そして、ちょっとした世間話や地元情報を提案に交えてお話することができるようになった頃から変わってきたように思います。お客様からも、徐々に信頼をいただけるようになりました。

Q3. 今までで一番うれしかったことは何ですか?

入社当時、お客様が求める広告物をうまく形にすることができず、やり直しを言い渡されました。悔しかったし、ショックでもありましたが、他の媒体を見て研究したり、先輩に手伝っていただいて練り直し、最終的に「すごくいい!」との言葉をいただくことができました。
お客様が本当は何を求めているか、それを見抜くことの大切さを実感したこの経験は自分の中で今でも活きており、常にお客様の言葉や表情を注意深く読み取り、理解できるように心がけています。

Q4. 将来の夢や目標がありましたら教えてください。

自分自身のスキルアップやお客様からより一層の信頼を得ることはもちろんですが、部下をはじめとする各営業マンがそれぞれ成長していってくれること、そしてchaooだけにとどまらず、お客様から頼っていただける各エリアの“広告担当”として、地域に根付いてくれることが目標です。私はそれをサポートし、支える存在になりたいですね。そうすることが、chaooの発展とお客様への貢献にもつながっていくのではないでしょうか。

Q5. ネット・フレンズの営業に向いているのはどんな人だと思いますか?

広告という情報を取り扱う業界ですから、色々なものに興味を持ち、吸収できる人。そして疑問を疑問のままにせず、自ら調べたり、人に聴いて解答を探すことができる人が向いていると思います。そのためには人の話をしっかりと聴き、素直に受け入れることができる能力が必要ですね。
また、お客様の要望と期待に応えて初めて成立する仕事なので、お客様一人ひとりに真摯に向き合えることは大変重要です。加えて広告制作は、営業の他にデザイナーや印刷会社など、たくさんの人が関わる作業です。それをスムーズに行うために、スタッフやお客様の管理、スケジュール管理、そして体調やストレスなどの自己管理も大切な能力であると思います。

Q6.これから就職を考える人に伝えたいことは何ですか?

よく、「色んな人と関わって仕事がしたい」という理想を持って営業として入社してくる人がいます。しかし最初から理想を夢見るだけでは、残念ながら続けていくことはできません。理想を叶えるには、まず自らが仕事をしっかり覚えて、成長していくことが大切です。
飛び込み営業をして邪険に扱われることもあるでしょう。
前の担当の方が良かったと言われることもあるでしょう。
しかし、最初から仕事が楽しいと思える人は少ないと思います。先輩方も私も、悩み、試行錯誤してようやく仕事の楽しさを知ることができたのです。
就職後は、ぜひ、辛抱強く、必死に、真面目に取り組んで、仕事の楽しさが分かるまで続けてください。仕事の楽しさが少しずつ分かるようになったとき、自分の成長も感じられるはずです。そのために、先輩や上司は、そんなあなたの成長を見守り、手助けをしてくれるはずです。